火災感知器
室内の通常気温(背景温度)に比べ、一定温度以上に高くなったときに検知し、火災の発生を知らせます。