最新の警備システムで安心をお届けします
フロア毎に機械警備が実施でき、どの部屋のどこのセンサーが検知したのかを、個別に判断できるシステムを導入。各種センサーとの連携で、高精度かつ高密度の機械警備を構築することができます。また、警備の開始・解除を操作するオペレーションターミナルは、個人識別カードを使用するため、きめ細かい警備情報を得ることが来ます。これらの情報は、NTT通信回線でオンライン化されており、24時間体制の指令センターで常に監視、コントロールされています。